医療技術の進歩~更年期障害やがんを克服する為の治療法~

医者

消化器系のガンの早期発見

悩み

胃カメラより簡単な検査

高齢者にとって検便といえばお腹の中に蛔虫がいるかどうかの検査でしたが、今の検便検査では消化器系のガンを発見するために行います。検便検査によって何がわかるかというと、血液が混じっているかどうかです。胃や腸などに潰瘍ができていると出血するので、便にも血が混じっているのです。つまり検便検査によって消化器系のガンの早期発見ができるわけです。今では胃カメラを飲んだり、腸内をカメラで検査したりして早期発見ができますが、検便検査は手軽にできるので今でも人気があります。ただし痔の病気がある人などは、痔の出血と混同しやすいので注意が必要です。また痔のある人は、潜血便に気づいても勝手に痔の出血だと思い込んでしまう危険性があります。もし胃腸からの出血だったら、せっかくの早期発見を見逃してしまうことになります。

2つの検査方法とその効果

検便検査には2つの検査方法が行われています。化学法と免疫法です。化学法というのはヘモグロビンから生まれた成分を利用した検査法で、試薬によって大腸や胃や十二指腸などからの出血をチェックできます。ただし動物の血液にも反応するので、検査前には肉類を控える必要があります。免疫法というのは、化学法の弱点である動物の血液に反応するという点を克服した検査法です。この検査法の特徴は食事制限をしなくてもいいという点です。しかし胃や十二指腸からの出血を検出しにくいという特徴があり、主に大腸ガンのスクリーニング検査として行われています。検便検査である程度の検査効果はありますが、その時々の体調によって左右されてしまいます。検便検査と併行して、年に1回はバリウム検査や胃カメラなどの内視鏡検査をするべきです。